Tag archives for iOS

제4회: Physical Web과 iBeacon

前回までに,現状のPhysical Webの主要なポイントであるUriBeaconとMetadata Resolverについての解説をさせていただきました。 今回はAppleのiBeaconとの比較を行っていきたいと思います。 位置情報サービスの進化 ここ数年のiOSでは,GPSだけでなく,Wi-fiやBLE,iPhone 5Sから追加されたM7コプロセッサのモーションアクテビティなど,様々な技術を利用して位置情報に関連する機能の充実化が進められています。 iBeaconもその流れの中で登場した技術の1つであり,BLEのアドバタイジングパケットを利用した近接検知を利用して,サービスを提供するために使われます。 iOSのSDKにおいて,iBeaconに関するAPIは,CoreBluetoothではなくCoreLocation frameworkに含まれています。つまり位置情報に関連する機能としてカテゴライズされていることがわかります。 iBeaconの技術概要 iBeaconのアドバタイジングパケット UriBeaconの時に紹介したBLEのアドバタイジングパケットを思い出してみましょう。パケットの中で,サービス提供者がカスタムできる領域は31バイトあり,その中に次のように任意のAd Typeのデータを選んで詰め込んでいくのでした。 図1 UriBeaconのアドバタイジングパケット UriBeaconのときは,Service UUIDs,Service DataといったAd Typeのデータを詰め込んでいきましたがiBeaconではManufacturer Specific Dataを使います。 図2 iBeaconのアドバタイジングパケット ここにProximityUUIDと言うUUID,Major,Minorという2つの16ビット整数値を載せます。 図3 iBeaconのManufacturer Specific Dataのレイアウト 受信側はこれらの値で,特定のビーコンへの近接検知を行ったり,複数のビーコンを並べて移動の検知を行ったりします。 iOSでのビーコン側の実装 主題が逸れてしまうので,iBeaconを利用するアプリケーションの実装方法などはここでは深く解説はしませんが,アドバタイジンングパケットを発信するビーコン側としての実装にだけ少し言及しておきます。 第2回で触れたように,iOS…
Continue Reading »

iOS와 안드로이드간 파일 공유 가능해진다?

iOS와 안드로이드간 파일 공유 가능해진다? 구글판 크로스 플랫폼 메세징 시스템 관심 구글이 '코프레즌스(copresence)'라는 새 애플리케이션 프로그래밍 인터페이스(API)를 준비중이라는 소식이다. 정확하게 어떤 용도인지는 확실치 않다. 이런 가운데 IT블로그 테그에리스가 31일(현지시간) 코프레즌스는…
Continue Reading »