Tag archives for Google

제4회: Physical Web과 iBeacon

前回までに,現状のPhysical Webの主要なポイントであるUriBeaconとMetadata Resolverについての解説をさせていただきました。 今回はAppleのiBeaconとの比較を行っていきたいと思います。 位置情報サービスの進化 ここ数年のiOSでは,GPSだけでなく,Wi-fiやBLE,iPhone 5Sから追加されたM7コプロセッサのモーションアクテビティなど,様々な技術を利用して位置情報に関連する機能の充実化が進められています。 iBeaconもその流れの中で登場した技術の1つであり,BLEのアドバタイジングパケットを利用した近接検知を利用して,サービスを提供するために使われます。 iOSのSDKにおいて,iBeaconに関するAPIは,CoreBluetoothではなくCoreLocation frameworkに含まれています。つまり位置情報に関連する機能としてカテゴライズされていることがわかります。 iBeaconの技術概要 iBeaconのアドバタイジングパケット UriBeaconの時に紹介したBLEのアドバタイジングパケットを思い出してみましょう。パケットの中で,サービス提供者がカスタムできる領域は31バイトあり,その中に次のように任意のAd Typeのデータを選んで詰め込んでいくのでした。 図1 UriBeaconのアドバタイジングパケット UriBeaconのときは,Service UUIDs,Service DataといったAd Typeのデータを詰め込んでいきましたがiBeaconではManufacturer Specific Dataを使います。 図2 iBeaconのアドバタイジングパケット ここにProximityUUIDと言うUUID,Major,Minorという2つの16ビット整数値を載せます。 図3 iBeaconのManufacturer Specific Dataのレイアウト 受信側はこれらの値で,特定のビーコンへの近接検知を行ったり,複数のビーコンを並べて移動の検知を行ったりします。 iOSでのビーコン側の実装 主題が逸れてしまうので,iBeaconを利用するアプリケーションの実装方法などはここでは深く解説はしませんが,アドバタイジンングパケットを発信するビーコン側としての実装にだけ少し言及しておきます。 第2回で触れたように,iOS…
Continue Reading »

제2회:Physical Web 기술해부(1)-Inside UriBeacon

前回はPhysical Webの概要を説明させていただきました。早速この技術の上でどんな応用が可能なのか考えていきたいところではありますが,そのためにはまずその基盤となる技術を把握し,制約を知らなければなりません。 今回と次回に分け,一つ一つのパートを技術的に掘り下げていきたいと思います。 さて,まずは何と言ってもUriBeaconです。UriBeaconではBluetooth Low Energyを利用していますので,まずはそちらについて解説していきます。 Bluetooth Low Energy Bluetoothの現状 UriBeaconではBluetooth Low Energyという無線通信技術を使って近接検知を行います。Bluetooth Low Energyは,“Bluetooth LE”,“BTLE”,“BLE”というように略されます。本稿では以降BLEと略すことにします。 Bluetoothを知らないという人は現在ではさすがにいないでしょう。ヘッドホンやキーボードなど,日常でBluetooth機器の恩恵に預かっている方もたくさんいるかと思います。 ですが,Bluetoothの登場から現在までの変遷についてまでは,あまり知られていないのではないでしょうか。 Bluetoothは1999年にバージョンの仕様が発表され,2000年代前半から普及期に入りました。ユビキタスネットワークという言葉が流行っていたのを思いだす人もいるかもしれません。 Bluetoothは登場以降,バージョンを重ねながら通信の高速化などの進化を続けていましたが,Wi-Fiなどの他の無線通信技術とうまく差別化を計れずに伸び悩んでいた所がありました。 こういった中,それまでの高速化追求とは方針を別にした,省エネの方向にターゲットを向けた規格であるBLEを発表しBluetooth において統合されました(注1)。 注1)Bluetooth は,EDR(Enhanced Data Rate),HS(HighSpeed)など,これまでのバージョンで追加されてきた規格も含んでいます。ここに新たに追加されたのがLEであり,=LEではありません。 また,の後にも進化は続いていて,2014年12月にはの規格が発表されIPv6との連携なども考えられています。 UriBeaconで利用されているのは,この省エネバージョンであるBLEの規格になります。 BLEの手続きの流れ 主題があまり逸れてしまわないように,ここではBLEの仕組みのうち,UriBeaconの動作の理解に必要な部分だけ簡単に解説していきます。…
Continue Reading »

제1회:Physical Web의 개요

はじめに あと一歩届かないIoTとウェアラブル IoTという単語も様々な場所で頻繁に聞くようになり,業界内で非常に盛り上がっているように見えます。 その一方でIoTという単語がバズワードとして濫用されることも多くなり,インターネットと何も関係ない先端機器までIoTのカテゴリの中で紹介されることもあるようです。 こう言ったバズワードを濫用する時代から先に進むため,具体的にカテゴライズを進め,分野ごとにしっかりと議論を進めていくべきだと言われ始めています。少しずつ腰を落ち着けながら,各分野での革新が見られるようになってくるのではないでしょうか。 そのような状況ですので,エンドユーザの手元にこれらの革新が届き始めるには,まだ少し時間がかかるように見えます。 またウェアラブルに関しても,様々な製品が登場し期待が膨らむ一方で,実際に触ると「コンセプトは面白いんだけど,一週間触ると飽きる」と言う話もよく聞きます。非常に可能性を感じさせますが,生活を変えてしまうような一手は出てきていないように見えます。 IoTもウェアラブルも,もう一歩が欲しい,と言うところです。 PhysicalWebの登場 そんな状況の中,2014年10月3日にあるニュースが流れます。GoogleがPhysicalWebというプロジェクトを興し,Web技術を利用してIoTでモノと対話できる仕組みを標準規格化して行く,と言った内容でした。 具体的にどう言った技術でそれを実現するのか,という説明はそのニュースの中には何も書かれておらず,それ以降このプロジェクトに関してGoogleからも継続した発表がないために,あまり大きな話題にもならなかったのですが,実はGitHubのプロジェクトページは公開されていて,発表以降しばらく開発が続いていました。2014年の年末くらいには,規格の主要な部分はある程度完成し,現在は落ち着いてきているように見えます。 その公開された開発状況を追うことで「具体的にどのような技術で,どのようなことをどのように実現することを狙っているのか」を,ある程度推測していくことが出来ます。 GitHub上にあるドキュメントでは「現在はまだ実験段階のプロジェクト」と謳われてはいますが,その内容や,その上に応用して行けるサービスの可能性など,展望を考えると,少し未来の世界において中核となるポジションの一つを占める可能性のある,非常に野心的なプロジェクトであることがわかります。 PhysicalWebの概要 では,その概要について説明して行きたいと思います。 今回は,その技術で実現される世界観のほうを理解しやすくするために,各要素技術の詳細についてはある程度省略し,それらについては次回以降の連載で詳しく解説していきたいと考えています。 UriBeacon PhysicalWebで中核となるのはUriBeaconという仕様であり,PhysicalWebのサイドプロジェクトとして,リポジトリを別にして並行して策定されています。 簡単に言うとその名前のとおり,URIのデータを含むパケットを周囲に定期的に発信するビーコンになります。 図1 URIのデータを含むパケットを周囲に定期的に発信するビーコン これは単純にBluetooth LE(Bluetooth Low Energy)のアドバタイジングパケットを飛ばすブロードキャスターです。 ただし,Bluetooth LEのアドバタイジングパケットに載せることが許されるデータサイズは非常に小さいものなので,実はURLをペイロードに載せるのも一苦労なのです。 そのため,基本的にはのようなURL短縮サービスを利用することが前提とされています(注1)。 注1)他にもパケット圧縮のために様々な工夫がされてます。また,URIということなので,正確にはURLだけでなくuuidも発信できるようになっているのですが,簡単に理解できるようにするため,今回は一旦URLだけを説明に使用します。これらの詳細についても次回以降の機会に説明したいと思います。 また,ビーコンが飛ばすURLを仕込むためのBluetooth LEサービスの仕様も考えられています。ビーコンの管理者が使うコンフィグアプリのためのものですね。…
Continue Reading »

Physical Web이 개척하는 미래

WebエンジニアにとってのIoT ~Physical Webが拓く未来~ 加藤亮 2014年10月3日にあるニュースが流れます。GoogleがPhysical Webというプロジェクトを興し,Web技術を利用してIoTでモノと対話できる仕組みを標準規格化して行く,と言った内容でした。少し未来の世界において中核となるポジションの一つを占める可能性のある,非常に野心的なプロジェクトです。本連載ではPhysical Webについて解説します。 第4回 Physical WebとiBeacon 位置情報サービスの進化 iBeaconの技術概要 UriBeacon VS iBeacon 次回について 2015年4月24日:加藤亮 第3回 Physical Web技術解剖(2)-Metadata Resolver 第2のポイント-Metadata Resolver Metadata ResolverのInterface Metadata Metadata Resolverの有用性と今後について 次回について 2015年4月10日:加藤亮 第2回 Physical Web技術解剖(1)-Inside UriBeacon…
Continue Reading »
A.I.(Deep Learning)

래리 페이지: 구글이 다음으로 가는 곳은 어디인가?

TED2014의 무대에서, 챨리 로즈가 구글의 최고경영자인 래리 페이지를, 그의 회사에 대한 아주 장기적인 비젼에 대해 인터뷰한다. 그건 공중의 자전거 도로와 인터넷 풍선을 포함하고...그다음에는 페이지가 회사가 최근 놀라운 것들을 배우는 인공지능인…
Continue Reading »

구글 최대 경쟁자가 아마존?…당일배송 서비스 강화 총력전

구글 최대 경쟁자가 아마존?…당일배송 서비스 강화 총력전 구글은 올 9월 호주에서 크기의 흰색 무인항공기(드론)를 사용, 초콜릿·개껌·물 등을 농부 2명에게 배달했다. 속도가 생명인 ‘배달서비스’에서 경쟁력을 강화하기 위해 하늘을 나는 드론까지 동원한…
Continue Reading »

구글, 새로운 지메일 관리 앱 인박스(Inbox)를 공개

先ほど概要を紹介したGoogleのInboxメールアプリが入手できた。現在はGoogleのベータテスター招待プログラムによる限定公開だ。一般公開はしばらく先になるようだが、とりあえずこのアプリに対する私の第一印象を報告しておこう。 UIには最近Googleが全てのアプリに採用を進めているマテリアル・デザインが使われており、たいへん見やすい。アニメーションもよくできている。鮮やかな色づかいで、アプリのどこにいるのかが直感的に分かるようになっているのも良い。アイコンやコントロールはよく考えられていて使い方で迷うことはないだろう。 機能については、まだ個人用アカウントだけしかテストできていない。つまりGoogle Appsを通じたTechCrunchの業務用アカウントでは試していないので、そちらの膨大なトラフィックにさらされたときにこのアプリの使い勝手がどうであるかはまだ分からない。ただし個人用アカウントではメリットは即座に感じられた。まずGoogleは「本当の」メールとコンピュータが生成したメールを区別することができる。またその内容によってGmailアプリの場合と同様、各種のカテゴリーに分類してくれる。 こうした分類は色彩とアイコンによってひと目で分かるように表示される。必要なメールを処理したらカテゴリーごとに1回のスワイプで全部片付けられる。個別のメール、あるいは複数のメールをまとめて、Gmailのアーカイブに近い「処理済み(Done)」フォルダー、あるいは「後で(snooze)」フォルダーに送ったりできる。「後で」の場合には、再びメッセージが表示されるまでの時間を自由に設定できる(デフォールトの簡単設定もあるが、カスタムで個別設定もできる)。 このアプリは「インボックス」、 「あとで処理」、「処理済み」という3つのセクションに分かれている。セクションはプルアウトするサイドバー・メニューで選べる。メニューからはさらに新しいカテゴリーや従来のGmailのフォルダーにもアクセスできる。画面右下隅のプラス(+)アイコンをタップすると即座にメールやメモを書ける。また最近の連絡相手(最近メールをやりとりした相手)も表示される。 こアプリはとても役に立ちそうだというのが第一印象だ。こちらで何も特別な設定をしなくても対応が必要なメールが画面のトップに表示されるし、プラス・ボタンを押してスマート・メール作成機能を呼び出すと連絡が必要な相手が自動的にトップに表示されるのでいちいち相手のメールアドレスを探す必要がない。 「後で」と「処理済み」セクションの1スワイプ機能は非常に便利で、既存のGmailアプリやMailboxアプリよりも優れている。「後で」もいつ再表示させるかを細かく設定するのが非常に簡単なため、大いに役に立つ。 このアプリを本当に評価するためには業務用のアカウントで大量メールの処理をしてみなければならないが、Google InboxはiPhoneで私用のGmailアカウントを管理する限り、十分ネーティブGmailアプリのライバルになると感じられた。メール処理という非常に難しい分野でのスタートとしては大いに成功したといってよいだろう。 〔日本版:原文にアプリのスクリーンショットのスライドショーあり〕 세계 최대의 인터넷 서비스 기업인 구글이 ‘인박스’라는 이름의 새 지메일 관리 앱을 내놨다. 일정 등 다른 기능과 지메일을 통합관리할…
Continue Reading »